育毛剤を使うデメリット

使用における即効性への期待が薄い

育毛剤を使用している人やこれから使用を考えている人の中には、使用することですぐに髪の毛を伸ばせたり増やせたりといった効果が得られると考えている人も少なくありません。
しかしこれは間違った認識で、育毛剤に対する即効性が期待できないのが実情です。医薬部外品に位置付けられる育毛剤は、現時点で生えている髪の毛を正常に伸ばすことを目的として作られています。そのため、育毛や発毛に対して即効性のある発毛剤と違って、すぐに効果が現れないのが育毛剤の大きなデメリットとなってしまうのは否めません。
この説明からもわかるように、育毛剤はすぐに効果を求めるのではなく時間を掛けて髪を育てていく気持ちで使い続けることが大切です。

継続による費用の負担と個人差がでる効果

前述したように、育毛剤には即効性がなく、ある程度の期間を経て髪の毛を育てていくことが求められます。効果が出始めるタイミングは人によって若干の個人差はありますが、使用を始めてから平均3ヶ月の継続が必要です。そのため、複数回に渡って商品を購入しなくてはいけないので、ある程度の出費がかさんでしまいます。こうした費用の高さも育毛剤のデメリットの一つです。 そして忘れてはいけないデメリットして期待できる効果の度合いが挙げられます。育毛剤を使用は量が増えるケースから抜け毛の減少まで人によって得られる効果が異なるのが特徴です。中には継続して使用したにも関わらず期待する効果が得られなかったという事例もあるので、この点を理解した上で使用することが重要と言えます。